FATBOYは喰う

[第拾弐話]これを買わねば!!


 FATBOYがオアフ島に上陸する度に必ずといって良いほどお世話になるお食事を紹介いたします。

 食の冒険が全く出来ないFATBOY、故に食事どころのレパートリーは増えません。実に貧相な食生活です。

 オアフ島で食に失敗しないための浅知恵として、初日到着すると必ずスーパーへ買いだしに行きます。
何を購入するかといえば、取り敢えず葡萄アルファルファなのであります。オアフ島滞在中には、間違いなく不足するであろう果物と野菜を摂る為に、半ば何かにとりつかれたみたいに買ってしまいます。FATBOYはこれが無いと駄目なのであります。

 滞在中1日ないし2日はアコモで朝食や夕食を摂る事が確実にある(欲望に促されながら食べたいだけ食べる胃を休ませる目的もあって)ため購入せねばなりませぬ。

 では、スーパーで購入する品物が何故この2種類なのか? 葡萄は手を汚さずに食べられる手軽さと単に果物の中でスイカと並び1番に好きという事にあります。
アルファルファ100gあたりのカロリーは低い(12Kcal)という点にありFATBOY的には非常に重要なポイントであります。「嵩を摂ったとしてもデブになるかならないか!?」食事を選ぶ上で重要な事であります。

 帰国後「太ったわね!」っという嫌味を言われないためにも、無駄な努力と解りつつ頑張るのであります。

 それに写真にありますが『大蒜塩』も欠かせない1品です。
外食をすると大概サラダバーがありますが、そこでも必ず皿に盛るのはアルファルファがメインとなります。そこに相性がイイ「サウザンアイランドドレッシング」をかけてしまう事を抑えてくれるのが、この大蒜塩なのであります。サウザンアイランドドレッシング、デブFATBOY的に大好きであります。食が間違いなく増進します。このドレッシングは、100gあたりのカロリーは高いのが難点でもあります。結構気持ちよくかけてしまうとデブに直行ということにもナリカネマセン。

なので、大蒜塩の存在が、私の欲望を若干抑制してくれる事に一役かってくれるのです。

 『I LOVE 大蒜塩』なのですが、日本で売っている物とはちょっと味が違うように思います。なので、オアフ島に上陸時は必ず複数本お買い上げになる商品でもあります。

 これを買わねば!!っと言うほどの物でも無いかもしれませんが、FATBOY的食事を楽しむ掟として、これらは大切な要素なのであります。

最近、大蒜塩がとうとう底をつきました。本来ならば買いに行くためにもオアフ島に行かねばなりませぬが、経済情勢が無理と語りかけられているようで無理ですな。(涙)

トップページ


©2004-2010 FATBOY.All rights Reserved.